お口の中にはおよそ400種類の細菌が住んでいます。

これらは普段あまり悪いことをしませんが、ブラッシングが充分でなかったり、 砂糖を過剰に摂取すると細菌がネバネバした物質を作り出し、歯の表面にくっつきます。

これを歯垢と言います。 歯垢1mgの中には10億個の細菌が住みついていると言われ、むし歯や歯周病をひき起こします。
その中で歯周病をひき起こす細菌はポルフィロモナス・ジンジバリス、プレボテーラ・インターメディア、 アクチノバシラス・アクチノマイセテムコミタンスなど10種類以上がわかっています。   さらに、歯垢は取り除かなければ硬くなり、歯石と言われる物質に変化し歯の表面に強固に付着します。

その中や周りにさらに細菌が入り込み、毒素を出し続けるのです。

これはもはやブラッシングなどでは取り除くことはできません。

また歯垢は粘着性が強くうがいをした程度では落ちません。

この歯垢の中の細菌が歯肉に炎症をひき起こし、やがては歯を支えている骨を溶かすのです。   次のことも歯周病を進行させる因子となります。

歯ぎしり、くいしばり、かみしめ
不適合な冠や義歯
食習慣
喫煙
ストレス

歯周病とは、歯の周りの歯ぐき(歯肉)や、歯を支える骨などが破壊される病気で、 かつては歯槽膿漏と言われていました。 歯と歯ぐきの境目(歯周ポケット)に細菌が入り、歯肉が炎症を起こし赤く腫れて、ブラッシング時に出血します。 しかし、痛みは全くありません。

さらに進行すると、歯肉の中にある歯を支えている骨(歯槽骨)が溶けて、膿が出たり歯がグラグラしてきます。

全身疾患(糖尿病、骨粗鬆症、ホルモン異常)
薬の長期服用

(日本歯周病学会HPより引用)