歯周病は若年者では少ないが成人の8割以上が歯周病だと言われています。

歯周病の初期段階は歯肉に炎症が限局している状態(歯肉炎)ですが歯肉が赤くなったり腫れたりする状態が続きます。

この状態が続くと歯と歯肉の間の溝が深くなり歯周ポケットと呼ばれる状態が作られます。この歯周ポケットは清掃が困難なため細菌が増殖しやすい環境になります。

そしてポケット内で細菌が作る毒素によって歯を支えている骨にまで波及していきます。

つまり歯を支えている骨が減少し動揺してしまい歯が抜け落ちてしまいます。

歯周病は痛みなどの自覚症状がなく気付いた時にはかなり進行していることが多いです。