『出来るだけ痛くないように治したい・・・』『残っている歯を長持ちさせたい・・・』 『きれいな歯並びになりたい・・・』『白くて健康な歯になりたい・・・』堺市なかもず駅前のますだ歯科は『そんな希望や理想』をかなえ、明るく楽しく通院できる歯科医院を目指しています
.

歯周病治療Q&A

歯周病(歯槽膿漏)とは

歯周病(ししゅうびょう)とは、歯周組織に発生する疾患の総称である。

歯の周りの歯ぐき(歯肉)や歯を支える骨などが破壊される病気で、かつては歯槽膿漏といわれていました。

歯周疾患(ししゅうしっかん)、ペリオ (perio) ともいい、ペリオは治療のことを指すこともある。
歯垢が主要な原因の一つである疾患が多いが、単に歯垢のみでなく、多くの複合的要因によって発生する。
また、歯垢が一切関係ない(非プラーク性の)歯周疾患も多数存在する。

歯周病のうち、歯肉に限局した炎症が起こる病気(歯と歯ぐきの間にを歯肉炎(しにくえん)、 他の歯周組織にまで炎症が起こっている物を歯周炎(ししゅうえん)といい、これらが二大疾患となっている。

ただし、通常、歯肉炎、歯周炎といった場合、それぞれ、プラーク性歯肉炎、慢性歯周炎を指すのが一般的である。

歯科疾患実態調査によると、日本においては歯周疾患の目安となる歯周ポケットが4mm以上存在している割合が、50代の人で約半数に達しており、また、高齢者の歯周疾患患者が増加していることが示されている。ただし、前回までと比較して調査方法の厳密化がなされていることから、単純比較は出来ないのではないかとされている。

また、8020運動の推進などにより、残存歯数が増加していることも歯周疾患の増加に関わっていると考えられている。
歯周病は人類史上最も感染者数の多い感染症とされ、ギネス・ワールド・レコーズに載っているほどである。

監修医院紹介

PAGETOP
Copyright © 大阪堺市歯周病対策プロジェクト All Rights Reserved.