『出来るだけ痛くないように治したい・・・』『残っている歯を長持ちさせたい・・・』 『きれいな歯並びになりたい・・・』『白くて健康な歯になりたい・・・』堺市なかもず駅前のますだ歯科は『そんな希望や理想』をかなえ、明るく楽しく通院できる歯科医院を目指しています
.
  • HOME »
  • 歯周病治療

歯周病治療

歯周病のチェックポイント

口臭を指摘されるようになった。

歯茎を押したとき膿がでることがある。

歯と歯の間に物がつまりやすい。

歯がぐらぐらする感じがする。

歯が長くみえるようになった。

朝起きた時に口の中がネバネバして苦味がある。

歯を磨くと歯ブラシに血がついている。

疲れた時に歯茎が腫れやすい。

歯茎の色が赤く腫れている。

歯周病について

歯周病は若年者では少ないが成人の8割以上が歯周病だと言われています。

歯周病の初期段階は歯肉に炎症が限局している状態(歯肉炎)ですが歯肉が赤くなったり腫れたりする状態が続きます。

この状態が続くと歯と歯肉の間の溝が深くなり歯周ポケットと呼ばれる状態が作られます。この歯周ポケットは清掃が困難なため細菌が増殖しやすい環境になります。

そしてポケット内で細菌が作る毒素によって歯を支えている骨にまで波及していきます。

つまり歯を支えている骨が減少し動揺してしまい歯が抜け落ちてしまいます。

歯周病は痛みなどの自覚症状がなく気付いた時にはかなり進行していることが多いです。

歯周病の原因とは

お口の中にはおよそ400種類の細菌が住んでいます。

これらは普段あまり悪いことをしませんが、ブラッシングが充分でなかったり、 砂糖を過剰に摂取すると細菌がネバネバした物質を作り出し、歯の表面にくっつきます。

これを歯垢と言います。 歯垢1mgの中には10億個の細菌が住みついていると言われ、むし歯や歯周病をひき起こします。
その中で歯周病をひき起こす細菌はポルフィロモナス・ジンジバリス、プレボテーラ・インターメディア、 アクチノバシラス・アクチノマイセテムコミタンスなど10種類以上がわかっています。   さらに、歯垢は取り除かなければ硬くなり、歯石と言われる物質に変化し歯の表面に強固に付着します。

その中や周りにさらに細菌が入り込み、毒素を出し続けるのです。

これはもはやブラッシングなどでは取り除くことはできません。

また歯垢は粘着性が強くうがいをした程度では落ちません。

この歯垢の中の細菌が歯肉に炎症をひき起こし、やがては歯を支えている骨を溶かすのです。   次のことも歯周病を進行させる因子となります。

歯ぎしり、くいしばり、かみしめ
不適合な冠や義歯
食習慣
喫煙
ストレス

歯周病とは、歯の周りの歯ぐき(歯肉)や、歯を支える骨などが破壊される病気で、 かつては歯槽膿漏と言われていました。 歯と歯ぐきの境目(歯周ポケット)に細菌が入り、歯肉が炎症を起こし赤く腫れて、ブラッシング時に出血します。 しかし、痛みは全くありません。

さらに進行すると、歯肉の中にある歯を支えている骨(歯槽骨)が溶けて、膿が出たり歯がグラグラしてきます。

全身疾患(糖尿病、骨粗鬆症、ホルモン異常)
薬の長期服用

(日本歯周病学会HPより引用)

監修医院紹介

PAGETOP
Copyright © 大阪堺市歯周病対策プロジェクト All Rights Reserved.